サラリーマンをしている人が、転職先としてタクシー運転手を選ぶケースがあるようです。比較的高齢でも採用してもらえる可能性が高く、人気の仕事として知られます。タクシー会社は24時間365日営業なので、いろいろな時間に働けます。その中で昼日勤と呼ばれる働き方があります。主に平日の朝から夕方までの勤務で、夜や土日などは休みです。これまでサラリーマンをしていた人でも無理なく働けます。女性ドライバーもこの働き方を選ぶようです。お客さんとしては、早朝の通勤、夕方の通勤客などがメインになります。昼間はビジネス街ならビジネスマン対応ですし、住宅街なら病院や介護施設に行く人などがお客さんになります。住宅街ならある程度走るところも決まってくるでしょう。

しっかり稼ぎたいなら夜日勤

もしタクシーが休日や深夜に走っていなかったら大変です。業者にもよるでしょうが、基本的には24時間365日常にどこかの会社のタクシーが運行しています。深夜や休日ももちろん走っています。タクシー運転手の働き方として、夜日勤があります。夜をメインにした働き方で、夕方から深夜までや、夜から早朝まで等の働き方があります。深夜は労働基準法で割増賃金になるため、同じ時間働くとしてもより稼ぎが多くなります。どんなお客さんが多いかですが、ビジネス街ならビジネス用途の他、接待客対応などが多くなるでしょう。住宅街では、鉄道やバス以外での帰宅を希望する人が中心になります。病院などは開いていないので、決まったところよりもいろいろなところを流してお客さんを探します。

役員運転手はドライバー派遣会社から送られる運転手の事を指します。会社役員の自宅と会社間の送り迎えを役目としています。