送信先を管理するのは意外と面倒!

電子メールは仕事はもちろん、日常生活の上でもいつでも気軽に利用でき、現在ではコミュニケーションツールの中心となっています。電子メールはコストがそれほどかからず、素早く相手にメッセージを送る事ができるというのが大きな特徴と言えます。

また電子メールには不特定多数の人に一斉送信ができるというシステムもあります。同じ内容のメッセージを不特定多数の人に知らせたい場合、ハガキなどを使おうとすると何枚も用意しなければなりません。しかし、メールで一斉送信システムを利用すればマウスで1回クリックするだけで、同時に複数の人にメッセージを送信する事ができます。

ただ、企業などの場合は社内や取引先など複数の送信先をカテゴリーごとに分けて管理する必要があり、この際の設定は意外と大変な作業です。

事務作業の負担を減らす事ができるサービスです!

メールの一斉送信先を管理を効率的に行えるとして注目されているのが、代行メール送信と呼ばれているサービスです。これは、企業又は個人からの依頼を受けて、一斉送信の作業を代わりに行うものです。またこのサービスはメッセージの配信だけでなく、連絡先の管理も代わりに行ってくれるので、事務作業の負担が軽減できるというメリットがあります。

さらに代行メール送信の特徴として、業者ごとに様々な独自のサービスを提供しています。例えば挨拶状などテンプレート的なメールの場合、差出人の名前など、基本的な情報を教えるだけで、自動的に文章を作ってくれるサービスを行っている業者があります。

他にも代行メール送信のメリットとしては、いつでも情報が入手できるという点です。パソコンよりもスマホなどに送信してもらう方が忘れる事無く確実に情報が入手できます。

メール配信は、送信したい相手先に一斉送信することが可能です。まとめて送信できるため、コストや手間を大幅に省くことができます。