多くの中小企業経営者が抱える問題!事業承継

現在、経営者の高齢化に伴って、円滑な事業承継の必要性が話題になっています。政府は事業承継税制の整備を進め、多くの中小企業経営者が事業承継を考え始めたのではないでしょうか?
事業承継には少なくとも数年かかると言われ、準備がとても大切です。今から計画的に事業承継を進めるためにも、ここでは事業承継の基礎、3つの種類を紹介します!

親族(子ども)への承継

事業承継と言われて一番最初に思いつくのは親族承継ではないでしょうか。息子や子どもに継いでもらう方法です。自分の子どもに承継するので、理解が得やすいのがメリットです。しかし、子どもが経営に興味を持っていない、経営者としての資質がない、違う会社に勤務しているなどの場合はできません。

従業員(社員)への承継

親族への承継が困難の場合、次に考えられるのは従業員への承継です。会社のビジネスに精通していて、経営の資質がある従業員であれば安心して承継ができます。ただし、従業員本人に継ぐ意思がない、株式を買い取る資金力がないといった問題も考えられるので、しっかり話し合って準備をすることが必要です。

第三者への承継(外部人材の招聘やM&A)

親族と従業員への承継が困難な場合に考えるべきは、第三者への承継です。外部から適当な人材を招聘する、他の企業に会社を買い取ってもらうM&Aなどが主な方法です。この方法は適切な相手(人材、企業)とのマッチングが大事になるので、事前に承継してくれる人の目星をつけておいたり、マッチングサービスを利用するようになります。

事業承継の3つの分類を見てきましたが、いずれもはやめの準備が円滑な承継につながります!ぜひ今から事業承継を考え始めてはいかかでしょうか!

親が製造業や飲食業をしている際に事業承継を行う事がありますが、しっかりしたビジョンを持っていないと経営が盤石にならないので、外部で仕事をして素養を身に付けておく事が大切です。