スケジュールを書き出す

仕事がなかなか終わらなかったり、残業が続いているので体力的にも精神的にも辛かったりという状況の場合は、効率化するために取り組むべきです。仕事を効率化するために知っておきたいポイントは、スケジュールを書き出すことです。スケジュールを立てることは社会人であれば行うのが一般的ですが、頭の中だけで考えてしまい、書き出さない人がいます。記憶力に自信があり、絶対に忘れない場合は書き出すことに意味を見いだせないでしょうが、頭の中だけで考えるよりも書き出した方が忘れることは減りますし、見ることでモチベーションを高められる効果があるため、仕事を効率的に取り組めるようになります。ですから、スケジュールは書き出す形で仕上げることをおすすめします。

時には頼ることも大事

仕事を効率化する際、自分の作業をペースアップすることを考えるのは重要です。しかし、人間なのでペースアップできるスピードには限界があります。そのため、仕事を効率化したいのであれば、人に頼ることも大事です。つまり、仕事を手伝ってもらったり、上手に割り振りしたりすることで早く仕上げられるようになります。立場的に入社して間もない場合、人に仕事を頼むことや割り振ることは難しいでしょう。しかし、真剣に取り組んでいる姿を見せたり、周囲と上手にコミュニケーションを取ったりしていれば、勤務年数が少なかったとしても人に頼むことはできますし、自分から頼まなくても周囲が積極的に手伝ってくれることもあるので効率化を実現できます。

ワークフローとは、作業内容や作業の流れを図示したもので、全体的な業務フローを確認したいときに便利です。