セキュリティと保険を重視しよう

巷には貸倉庫と呼ばれるサービスが用意されています。自分で倉庫を購入すると膨大な金額が必要になるのですが、貸倉庫なら毎月の料金を支払うだけでレンタルできるのが魅力です。また毎月のコストも少ないので利用しやすいと言えるでしょう。

多くの貸倉庫から自分に適した場所を見つけるのはちょっと大変です。選択するときはセキュリティを考えて選ぶのが良いといえます。例えば24時間監視カメラが取り付けられている場所を選ぶと盗難の心配もないです。

また貸倉庫にはロックをかけることができるものがいいでしょう。専用のスタッフが常駐している場所なら不審者の侵入を回避できるのでおすすめです。大体貸倉庫には動産保険が付帯しているので、これも見ておきます。盗難から火災といったトラブルに対応できるので不測の事態を考えて保険のある場所を選ぶのが適切です。

中には任意加入になるサービスもありますが標準で付帯しているところが使いやすいといえます。

使い勝手が良くないとだめ

注意点として自分に合う倉庫サービスを利用しないといけません。商売をする人なら普通の貸倉庫ではなく物流倉庫を使うのが適切です。物流倉庫は商品を置くことが出来るスペースを確保できる以外のサービスも行っています。

例えばお客さんから注文が入ったときにピッキングを行い配送業務も代行してくれるのが魅力です。利用することで商品の検品から配送業務までワンストップで任せる事ができるため、依頼主はマーケティングに専念できます。

3PL(ThirdPartyLogistics)とは、荷主に対して物流システムの構築を提案し、物流業務の全体もしくは一部を受託し遂行することです。